G-FREAK FACTORY『カモメトサカナ』ツアーグッズ

[2018.06.18]

EFBEC438E7D9.JPG

ED98BD70B347.JPG

デザインを担当させていただきましたG-FREAK FACTORY『カモメトサカナ』
ブックレット、裏表にしても有りな感じに意味を繋げております。

ツアーグッズのデザインも幾つか担当させていただいております。
(TOUR TEE、TOUR TOWEL、TRIANGLE TEE)

こちらから

新商品など

[2018.06.18]

rvddwの新商品など

18ss_0190-1024x1024.jpg

18ss_0191-1024x1024.jpg

大容量系、作りたかった、このカラー

18ss_0162-1024x1024.jpg

18ss_0161-1024x1024.jpg

防水系、普通にいい感じ

両方とも機能的だけど大袈裟でない感じに仕上がっています。
詳しくはこちらから

_1490294.JPG

Ollie 7月号に浴衣掲載いただいております。

ollie_rvad27a.jpg

スター・ウォーズシリーズとrvddwのコラボレーション
最終アイテム

IMG_1031a.jpg

コンプレッションウェア

詳しくはこちらから

初柏

[2018.06.14]

P1490242.jpg

_BJ_5128.jpg

パラエストラ柏、道場見学をさせていただきました。

鶴屋さん、扇久保くん、岡田くん、天心くん、道場のみなさん
ありがとうございました。

EC00B6F85807.JPG

岡田くんとセンターを譲り合い
鶴屋さんとデル・アポロ・クックの話をしたり。

EC00B6F85808.jpg

そして僕の唯一の趣味かもしれない
恒例のファッションサンドバッグを後ろでひっそり。

※この場合のファッションはファッション空手みたいな意味合いです

The Day Food lab 2nd ANNIVERSARY

[2018.06.14]

IMG_9994.JPG

T-shirtsやCapのデザインを担当させていただいたり
美味しい料理でいつもお世話になっているTHE DAY FOOD LAB

二周年記念企画でワインボトルのデザインをさせていただきました。

D8C167B991BF.JPG

DBD9BBC0F183.JPG

FF4969866E81.JPG

お店をイメージして

一見シンプルだけど奥深い、無駄がない、必要なものがある、
見て楽しい、美味しい、力になる、
二周年、見通し、さあ始めよう。

という感じで。

オーナーシェフの一生くんの好きな

70FDFE3E77EC.JPG

蓋の細かいペイントも良い感じに仕上がりました。

The Day Food lab 2nd ANNIVERSARY party 6.15 で販売されます
二本限定、各5,000円です。

ーー
The day food lab
2nd ANNIVERSARY party.

6月15日(金)Start at 19:00
食べ飲み放題 4,000yen.

杉並区高円寺北3-23-11アンシャンテビル 2F
ーー


当日僕も遅い時間には滑り込みまーす

Rejoice finest 2018.7.15

[2018.06.14]

REJOICEOMOTE.jpg

JAZZとHIP HOPを主体にJAZZ BARスタイルで開催されてる
"REJOICE"のスペシャルイベント

Rejoice finest」7.15(日)at Contact

にライブペイントで出演させていただきます。

今から楽しみです。遊びましょう。

Rejoice finest
2018/7/15(日)祝前日 22 : 00 - 5 : 00
【studio X】
 LIVE:
 Shing02
 sauce81
 リベラル(SANABAGUN.)
 COLTECO

 DJ:
 O.N.O (THA BLUE HERB)
 DJ DYE (THA BLUE HERB)

【contact】
 Guest DJ:
 DJ KENSEI

 DJ:
 橋本徹 / Murcus D / FK / HASSIE / RYOTA NOGUCHI /
 DACHA / KOIZUMI TAKUMI

【foyer】
 LIVE:
 MARTER

 DJ:
 割烹DISCO 大蔵

 LIVE PAINT:
 BLACK BELT JONES DC

ーー
「Free Soul」等で知られる選曲家、橋本徹(SUBURBIA)や
nujabesのマネージャーを務め
roph recordingsのプロダクションマネージメントを行うKoizumi Takumi、
hydeout productionsの旗艦店「tribe」の元マネージャーであるFK等を
主体として、Contactで奇数月第2水曜日にJAZZとHIP HOPを主体に
JAZZ BARスタイルで開催されている"REJOICE"の
スペシャルイベントが開催。
JAZZとHIP HOPをメインテーマとし、ゲストアクトにDJ KENSEI、
Shing02、sauce81、THA BLUE HERBのO.N.O、DJ DYE、
LIVE PAINTでBLACK BELT JONES DCを迎える。
素晴らしい音楽家たちの一夜を感じて欲しい。

BRAHMAN/AIR JAM 2018

[2018.06.12]

20brh_tee01a.jpg

01-1.jpg

01222.jpg

BRAHMAN/AIR JAM 2018 TEE
photo & design BLACK BELT JONES DC

ティーシャツのデザインを担当させていただきました。
先行受注は6.11(月)から6.18(月)まで
オフィシャルサイトにて

ーーー
今回の為に撮り下ろしたメンバーの「手」。
ブラフマンの音楽、パフォーマンス
そしてそれ以外にも発信する活動全てが
この「手」から生み出される。

確固たる信念を持つ四人の静と動
力強さと大きな優しさの象徴として
ソリッドに表現しました。

首元には2018年9月9日
この手から生まれる音楽を体験する
という日付を明記しています。

秋冬展

[2018.05.30]

528pangea_01.jpg

先週はrvddwの秋冬展、関係者向け展示会でした。
たくさんのご来場ありがとうございました。

モデル撮影からプレビュー資料やら
営業用カタログの作成やら
そしてそれとは別の仕事も同時で入り組んでいたり
そんな時期を、ここ半月程過ごしていました。

そして急ですが今回のキーワードは「PANGEA」
以下、説明文になります

ーーー
reversal.dogi.design.works
2018 AUTUMN & WINTER EXHIBITION
"PANGEA"

今回のキーワードは1912年に
アルフレート・ヴェーゲナーが
提唱した大陸移動説において約3億年前、
大陸移動が起こる前に世界は巨大な一つの塊であったと
想定されるギリシャ語で「すべての陸地」を意味する
「PANGEA(パンゲア)」です。

すべての陸地=日常におけるすべてのシーンにおいて
と置き換え、そしてジャズ・トランペット奏者
マイルス・デイヴィスの同タイトルの名盤の
熱いクロスオーヴァーにインスピレーションを受けた
壮大なグラフィックと快適さを重視した
スポーツ由来ブランドならではの
高機能の組み合わせで、デイリーからアクティブまで
シームレスにお楽しみいただけるデザインを
展開しています。

継続して王道のモノトーン、
そろそろ気分的にも向き始めた
ヴィヴィッドカラーの絶妙なバランス、
ストリートとネオ・クラシックスポーツの
クロスオーヴァーなど
旬の空気感を独自の感覚で
スタイリッシュにパッケージした
rvddwの最新コレクションをお楽しみください。

※パンゲアのスペル表記は
 「PANGEA」と「PANGAEA」と2種存在します。
 前者は現代的、後者はクラシック的な表現となり
 進化を目指すrvddwでは今回は前者の
 モダンスタイル表記を基本にしております。
ーーー

長くなりましたが、こんなことを考えながら
デザインしておりました。

528pangea_02.jpg

528pangea_03.jpg

528pangea_04.jpg

528pangea_05.jpg

余談ですが今回のカラーリングの
インスピレーション元になった
マイルスのこの最高にイカした
アルバムジャケット

デザイナーは田島照久さん。

実は僕、20代の頃、面接を受けたことがあります。

当時初めてのデザイン事務所で3年ほど
なんとか少しだけ先輩のお手伝いが
出来るようになった頃、それはそれで楽しかったのですが
やはり当初の目標であった
「CDジャケットのデザインをしたい」
思いが蘇り始め、いくつか受けた事務所のうちの一つが
田島さんの事務所でした。

作品による一次選考を運良く通って
これは後に息子さんで映像作家の田島太雄くんからに
「え!親父の作品審査、通ったんですか?」
って言われて
そのラッキーさに気づいたのは10年後ですが。
(しかも送ったの仁義なき戦いのコラージュでしたし)

二次選考の面接
全く無知で生意気な僕に
終始大人な対応で色々教えてくださり
(デザイン知識無さすぎて呆れていたと思います)
「バンドをやってるので土日は休みたいです」(酷い)
「だめだよー面接でそんなこと言っちゃー」(神対応)

有名なデザイナーさんと知ったのはその後で
完全に失礼、恥ずかしいと凹んでいた頃
わざわざご本人からお電話をいただき
「うちは今回採用できないけど、君面白いから頑張んなよ〜」
といただいたお言葉

のおかげで今まで進んでこれたという。

他にも先輩方にいただいたありがたいお言葉
たくさんありますが、田島さんのあの一言には
すごく力をいただきました。

そんな話も。

あ、そうそう、展示会でのご来場プレゼント

528pangea_06.jpg

靴ベラ、スマホスタンドになる便利グッズでした。

G-FREAK FACTORY『カモメトサカナ』

[2018.05.15]

Dc54iH-WkAEWVqr.jpg

G-FREAK FACTORY
6.6発売ニュー・シングル『カモメトサカナ
デザインを担当させていただきました。

Artwork & Design by BLACK BELT JONES DC 

A.A.M.A 2018

[2018.05.12]

rvddm06.jpg

rvddwでスタートさせた
武道・格闘技をテーマにしたアーティストコラボレーション企画
A.A.M.A(ART AND MARTIAL ARTS)

昨年はTADAOMI SHIBUYAくん、DRAGON76くん
そしてわたくしBLACK BELT JONES DCで3種の作品を。

そして今年はTOKIO AOYAMAくん、ENDくん、NOVOLくんとの
コラボレーションさせていただきました。

aama_02.JPG

BLACK BELT JONES DC名義の方ではライブペイントや
作品展示で何度も共演させていただいておりますが
今回rvddwでは初のアプローチ。

サイケデリック、ハードコア・パンク、ジャズという
様々な音楽感と格闘技の融合したアートピース。

aama2018_02.jpg

tokio_01.jpg

TOKIO AOYAMA

1981年秋田県鹿角市生まれ。様々なエッセンスを融合させ、ユニークでミステリアスな世界観を表現し、国内外で個展、壁画、ライブペイント等で活動中。数々のアーティストにもジャケット制作やプライベートの作品を手掛けている。(SNOOP DOGG、BRIAN JACKSON、JANIS GAYE、GEORGIA MULDROW、J DILLA FOUNDATION、JERRY GARCIA FOUNDATION、PLAY FOR CHANGE、JAZZY SPORT、JOSEF LEIMBERG、DE LA SOUL etc)2014年には"42 Modern Psychedelic Visionary Artists You Need To Know(42人の知っておくべきモダンサイケデリックアーティスト)"の一人に選ばれ、2016にはJJA Jazz Awards にてAlbum Art of the Year にノミネートされる。

tokio_02.jpg

rtko_03.JPG

rtko_04.JPG

rtko_01.JPG

rtko_02.jpg

ーーー
TOKIO AOYAMA × rvddw「DANCE OF THE GODS TEE」
color : BLACK
size : S, M, L, XL
price : 5,940円

「神々の舞い」ムエタイ戦士達の戦いをTOKIO AOYAMA氏らしいモダンサイケデリックスタイルで描き上げた神秘的な一枚。インパクトのある特大バックプリントとフロント腹部にレイアウトされたタイ語によるブランドロゴの「うねり」の組合せがアーティーかつストリートフィールに溢れた一枚です。

aama2018_05.jpg

end_01.jpg

end_02.jpg

END

Flyer Artist/Illustrator 東京/烏山出身(TOKYO/KARASUYAMA)-HARDCOREやPUNKシーンを中心にフライヤーアーティストとしてで活動。影響を受けた90年代のUS HARDCOREやPUNKのフライヤーを中心に、現代のフライヤーへと継承する姿勢や信念が特徴的。自身の活動する場所やバンドなどのデザインに絵を提供しつつ、個展やライブペイントなどで自身の個性も表現している。

SLANG、MILKCOW、nails of hawaiian、BRAHMAN、NUMB、ETERNAL B、EDGE OF SPIRIT、SAND、BEYOND HATE、ENDZWECK、LOYAL TO THE GRAVE、FIGHT IT OUT、DOGGY HOOD$、FACT、SHADOWS、COUNTRY YARD、Dizzy Sunfist、SECOND ARMS、ILL COMMUNICATION、THRH、YOUTH ISSUE、A.O.W、NO EXCUSE、MOLTAL、UPSET BEHIND、BREAK OF CHAIN、TIGER MSK、GORILLA BISCUITS(USA)、MURPHY'S LAW(USA)、STRIFE(USA)、BALLBUSTAS(USA)、ONE CHOICE(USA)、BACK TRACK(USA)、SUBURBAN SCUM(USA)、CRUEL HAND(USA)、COLDSNAP(USA)TWITHING TONGUES(USA)、BITTER TASTE OF LIFE(SW)、13STEPS(韓国)、KINGLYCHEE(香港)などのHARDCOREバンドや、AXIS、Libra RecordsなどHIPHOPシーン、新宿ANTIKNOCKのロゴマーク、パスデザイン、チケットデザイン、VOLCOM、CHROME、BEAMS Tなどのアパレルブランドにもデザインを提供。「誰かにとっては意味の無いことだけど、誰かにとっては意味のあることなんだ」...という言葉を信念に、現在も止まらず描き続けている。

ren_03.JPG

ren_04.JPG

ren_06.JPG

ren_01.JPG

ren_02.jpg

ーーー
END × rvddw「ALL AGES TEE」
color : BLACK
size : S, M, L, XL
price : 5,940円

「ALL AGES=いつの時代にも、あらゆる時代において」をテーマにrvddwブランドロゴ「BIG MARK」をEND氏ならではのタッチで描き上げたオーセンティックハードコアスタイル。タフさとポップさの絶妙なバランスがリアルストリート、音楽シーンを感じる一枚です。

aama2018_08.jpg

novol_01.jpg

novol_02.jpg

NOVOL

1979年生まれのペインティングアーティスト。2002年、JAZZに衝撃を受けて独学にて絵を描き始め、2007年より本格的にアーティスト活動を開始。以来、人間と音楽の漲る関係を、人間性溢れる顔をベースに描き続けている。インプロビゼーションさながらの画力とスピードはインパクト絶大。現在までに、様々な手法で作品を残しながら、ジャンル問わず様々なアーティストやコンピレーションのCD/LPジャケットや、フライヤー&ポスター等、音楽関連のデザインワークを数多く手掛け、アパレル、企業、雑誌へのイラストレーション提供や、TV番組のOP映像を手掛けるなど、幅広く様々なコラボレーションを展開している。そして、壁画制作や個展、ライブペインティングなどで、国内外を飛び回り、人との出会いを楽しみながら、精力的に描き続けている。2017年、活動10周年を迎え、自身初となる作品集"ten."を出版。さらなる飛躍が期待されている。

novol_03.jpg

rnv_04.JPG

rnv_05.JPG

rnv_01.JPG

rnv_02.jpg

ーーー
NOVOL × rvddw「IMPROVISATION TEE」
color : WHITE
size : S, M, L, XL
price : 5,940円

IMPROVISATION=JAZZの即興演奏と総合格闘技のあらゆる局面での戦いを描いたNOVOL氏ならではの濃密なイラストレーションとrvddwらしいビートを感じるコラージュ表現の「セッション」がDOPEな魅力に溢れた一枚です。


3作品とも素晴らしい仕上がりです。ぜひご覧いただきたいです

flumpool 8th tour 2017 Beginning Special 「Re:image」at NIPPON BUDOKAN

[2018.05.07]

jk.jpg

flumpool、日本武道館公演DVD
flumpool 8th tour 2017 Beginning Special 「Re:image」
at NIPPON BUDOKAN

ジャケットのデザインを担当させていただいております。

Photo by ヤオタケシ
AD & Design by BLACK BELT JONES DC


Back

BLOG

RECENT POSTS

Copyright © 2010
BLACK BELT JONES DC.